早漏で性行為が上手くいかない!そんな時にはダポキセチンが効きます!この成分は早漏対策の為に作られたので、早漏予防にはこうかがあります。また、副作用も抑えてあるので、リピーターが多いのも特徴です。

  • ホーム
  • ダポキセチンとはED治療薬に含まれる成分の名前です

ダポキセチンとはED治療薬に含まれる成分の名前です

落ち込んでいる男性

ED治療薬と一緒にダポキセチンが含まれている医薬品もあります。
この場合、勃起不全を解消する効果を持つと同時に早漏も一緒に改善することに期待を持てる医薬品です。
あくまでもダポキセチンは早漏を改善する役割があるだけで、EDを改善する効果はありません。
ただレビトラといったED治療薬には多少早漏の改善効果があります。
EDと早漏を改善したい場合は、ED治療薬とダポキセチンが配合されている医薬品を使うと良いでしょう。
もともとダポキセチンは抗うつ剤として使われていました。
服用をしていた男性が今までよりも射精をするのが遅くなった報告を受けてから、早漏改善薬として開発が始まりました。
ダポキセチンはセロトニンを吸収させない効果があります。
このセロトニンは興奮するときに分泌されるノルアドレナリンを抑制する力があり、早漏の男性はセロトニンが少ないことがわかっています。
自律神経のバランスが悪いことで、射精スピードが速くなることから、それを調整するのができるのがダポキセチンです。
脳内から働きかけることができますので、効果も高い医薬品です。
今までは男性器を麻痺させる製品で早漏の改善を試みることが多かったですが、いろいろと制約も多く、ムードが必要なセックスには使いづらい製品でした。
ダポキセチンは画期的な早漏改善対策になっています。
副作用が少ないことで知られていますが、火照りや顔の紅潮が見られることもあります。
また胃腸の不調を感じる人もいますので、服用後の副作用が辛い場合は医師と相談をして、服用を続けてください。
多くの場合は服用し続けることで副作用も少なくなるのが一般的です。
今までにない早漏対策は多くの男性に活用することが可能です。

関連記事